ポンコツエリンギLife

のんびりゆるゆる、楽しく笑って幸せに生きる。エリンギ好きなポンコツアラサー主婦の日記雑記。

身内がコロナ陽性になった…その時③

f:id:ponkotsu-eringi:20220416222752p:plain

 

前回記事の続きです

 

 

 

感じたこと⑤ペットのお世話は難しい

 

自宅療養の後、全員ホテル療養となり家が無人に…そこでペット問題が発生しました。

以前ニュースで見て、コロナ感染時のペット問題について知ってはいましたが、その時は正直、どこか他人事のように思っていました。

 

ペットと入所できる療養施設もあるそうですが…実際、東京くらいでは?(部屋数も少ないし、東京でも難しいかも)

ペットを預かってくれる動物病院やペットホテルもあるようですが…コロナ関連は受け付けていない所もあれば、濃厚接触者以外がペットを運ぶ等の条件がある所もあるようです。

どちらにしても、自分たちで何とかしないといけない部分が大きいですね。

 

幸いうちは外にいる子たちだったので、家の中に入らずご飯や水をあげて様子を見れたのが良かった。

私も家に行きましたが、近所の親戚が沢山助けてくれたのが大きかったです。

これが家の中だと、感染リスクがあるので(物に付着したウイルスって、付着先によっては何日か生存しているらしい???)他の人には申し訳なくて断っていたと思うのですが、ご厚意に甘えました。

 

家に行くと喜んでくれて、ご飯を嬉しそうに食べている姿を見ると、なんだか切なくなってしまいました。

急に家族がいなくなって、不安かもしれないし、寂しいよね…と。

 

 

 

 

感じたこと⑥同居で感染を防ぐのは難しい

 

Ⓐ→Ⓑの順に、病院の抗原検査で陽性となりました。

ちなみに発症2~3日前から発症後7~10日目は感染力がある(他の人にうつす可能性がある期間)とのことですが…

でも、発症の2~3日前ってわかんないよね???感染してても無症状の期間ってことだよね???そういう時って元気なのかな???

 

 

 

1日目→Ⓐ夜、寒気と背中が痛くなったため早く寝る(本人は、寒い時期なのと動き過ぎた疲れのせいかもしれないと思っていたが、これが発症だったらしい)。喉も少し痛い。家庭内での感染対策なし。

2日目→Ⓐ微熱。声がかれて喋りずらくなった。喉が痛い。念のため用事を取りやめ、家で休む。家庭内での感染対策なし。

3日目→ⒶⒷともに家の中でもマスクや消毒を始める。別室で過ごし、食事(割り箸や紙皿使用)やハミガキ粉や手拭きタオルを別にし、ごみ等にも気を使い始めるが…Ⓐ熱が上がったため病院に行き陽性、咳が少し、しゃがれ声や酷い喉の痛み。

4日目→Ⓐ症状変わらず。Ⓑ元気。ⒶⒷともに家庭内で感染対策中。

5日目→Ⓐ症状変わらず。Ⓑ夜、微熱。

6日目→Ⓐ症状変わらず。Ⓑ熱が上がる、病院に行き陽性。咳がひどく、少し喉の痛み。

 

※初期の頃に言われていた味覚や嗅覚症状は、なかったそうです。

※Ⓐ症状(持病あり)→強い喉の痛み、声枯れ、背中の痛み、寒気、熱、咳、痰。

※Ⓑ症状(持病と過去に喫煙歴あり)→酷い咳、痰、少しの喉の痛み、寒気、熱→療養終了1か月後も咳と痰が少し残っていて通院中。

※ちなみにⒶⒷともに2回目ワクチン接種済み、3回目はコロナ療養終了後に接種。

 

 

 

といった具合で、まさかコロナと思わず過ごしていたので、感染を防ぐのはなかなか難しいと思いました。

家庭内で感染対策を始めた時期が遅かったのかもしれませんし、疲れで免疫力が落ちていて感染しやすかったのかもしれませんが…ウイルスは目に見えないから、防ぐのは本当に難しいと感じました。

 

ブログや知人等で、家庭内感染しなかった話を見たり聞いたりしたので、とてもすごい事だなぁと思います。

徹底した感染対策なのか、基礎体力がしっかりしていたのか、ワクチンの接種状況だったのか…何かが良かったんでしょうね。

 

自分に置き換えて考えてみると、狭いアパート暮らしでは空間を分けるのが難しそうです。

 

 

 

 

 

感じたこと⑦助けてくれた沢山の人に感謝

 

病院、保健所、サポートスタッフさん、この他、沢山の方にお世話になりました。

病院→保健所の連絡もスムーズでした。陽性後のサポートも沢山して頂いて、中でも看護師さんの電話やアドバイスのおかげでとても安心したようです。

また、かかりつけ医が心配して下さって(持病や症状があったため)途中でホテル療養にして下さったようです。

 

自治体にもよるのかもしれませんが…報道で見たような悪い印象はなかったです。

唯一、これが噂のやつか、と思ったのは電話のたらい回しでしょうか。

 

こちらでいくつか問合せをしたのですが(本人たちは問合せる元気も気力もなかったため)保健所→サポートセンター→保健所→サポートセンターという流れでした。

新体制でスタートしたばかりとのことで、決定権があやふやだったようです。

とはいえ、どちらもとても丁寧に対応して下さって、申し訳ないを連呼されていて…むしろお忙しいところ恐縮でした、悪い印象はなかったです。

 

また、ホテルを出る日に、迎えに行ったところ(ホテルを出る時間も細かく決められていた)入り口でスタッフさんが立っていました。

仕事とはいえ、寒い中立ってお大事になさってくださいと、お見送りして下さって…ありがたいなぁと思いました。

 

 

 

 

 

次回はまとめです↓

 

ponkotsu-eringi.hatenablog.com

 

 

 

前回記事↓

 

ponkotsu-eringi.hatenablog.com

 

ponkotsu-eringi.hatenablog.com