ポンコツエリンギLife

ブログ初心者・ポンコツアラサー主婦の日記雑記ブログ。のんびりゆるゆる、楽しく笑って幸せに生きる。

現在進行形【介護福祉士実務者研修】未経験でも受講中

f:id:ponkotsu-eringi:20211025004616p:plain

 

前回は介護職員初任者研修について書きました↓

今回はその上位資格、介護福祉士実務者研修について書いてみます。

現在進行形で受講中ですが、介護未経験者の私でも受講できるありがたい資格です。

介護経験なし実務経験なしの私が書くのはおこがましいかもしれませんが…同じように未経験や無資格で受講を考えている方がいらっしゃれば、何かのお役に立てるかもしれないと思い、書いてみました。良かったら、よろしくお願いします。

ponkotsu-eringi.hatenablog.com

 

 

未経験・無資格の人でも取れる資格!

こちらも介護職員初任者研修と同じく、未経験・無資格の人でも受講できる。

受講対象や要件もない、なので誰でも(ただし教室によっては未成年の場合、保護者の承諾が必要なこともあるようです)取得できるのが魅力。

介護の仕事自体は、資格がなくてもできる仕事です。

しかし資格があることでより知識が深まり、訪問介護やサービス責任者等できることが増え、仕事にも活かすことができます。

 

国家資格・介護福祉士という資格もある

名前が似ていてややこしいけれど国家資格・介護福祉士は別の資格で、介護福祉士実務者研修の上位資格が、国家資格・介護福祉士

こちらはいくつか要件を満たさないと受験できない資格で、実務経験ルート、福祉系高校ルート、養成施設ルートと様々なルートがあり、介護現職の方は実務経験ルートで受験されることがほとんど。

実務経験ルートでの受験の場合、実務経験(3年以上かつ従業日数540日以上)と、実務者研修を修了することが必要。

ちなみに介護職員初任者研修、介護福祉士実務者研修は国家資格ではない。

 

私の通った教室の場合…

下記は私の選んだ教室の場合です。教室によってかなり違うと思うので、参考になるかわかりませんが書いてみます。

【実務者研修:有資格者(介護職員初任者研修)コースの場合】

  • 私は有資格者コース(介護職員初任者研修取得後の受講)のため、通常より受講料・学習量・通学日数が少ない。所持している資格によってどれくらい免除されるかは異なる。
  • 約10万円、テキスト代含む(様々な割引を行っている教室のため、割引後の価格。ちなみに教育訓練給付金は介護職員初任者研修で頂いているので、今回は制度利用できず。)
  • いくつか科目免除されたため、320時間の学習で済んだ(130時間免除)。
  • 通学8日(スクーリング授業6日+医療的ケア演習2日)。
  • 一日あたり9時~17時30分(休み時間含む)くらいは学校に居た。
  • 私は曜日固定で週1回通い、約2か月でスクーリング授業は終了した。が、まだ医療的ケアと通信課題は終わっていない。がんばらねば。
  • スクーリング授業は、ほとんどがグループワーク。【利用者さんの情報収集→解釈→介護計画立案→アセスメント表作成→実施】の流れで、グループと利用者さん例を変えて2回行い、2回目はより細かく専門的に行った。グループワークの他に、筆記テスト1回・実技テスト1回・実技発表1回が行われ、緊張した。
  • 医療的ケアはまだ予約が取れず受けていないが、人形を使って喀痰吸引・経管栄養の演習をする。私の通っている教室の場合は、少人数で行うため、受講期限内で自分の好きな日程を選び予約する。スクーリング授業前に受けても、後に受けてもいい。難しいため事前学習をみっちりしてくるよう指示があったが…テストもあるそうだが、どうなるだろうか(ちなみに実務者研修内の研修だけでは、実際の現場で医療的ケアを行うことはできない)。
  • 通信課題が多い(というよりは、ほとんどの内容が自宅学習)。10科目+医療的ケア事前学習。筆記かオンラインか選べたので、私はオンラインにした。受講期限内であれば、いつ取り組んでもいい。スクーリング授業前に受けても、後に受けてもいい。医療的ケアのみ事前学習が必要。
  • クラスメイトは9割以上、介護経験者・現職の方!というか、未経験は私だけかもしれない…もう一人はたしか、福祉関係の学生さんだったので、すでに現場実習をされているかもしれない。皆、介護福祉士の国家試験を目指していて、勉強熱心だった!
  • 未経験ゆえに、ご迷惑をお掛けてしまったと思うが…とても優しくして頂きありがたかった!グループワークでは沢山助けて頂き、感謝です(´;ω;`)

【実務者研修:無資格・未経験コースの場合、多少違いがあった】

  • 約15~18万円(その教室は、いつも何かしらの割引があるようで、おそらくいつも15万円前後で受けられると思われる。お得でありがたいけれど、そういう戦法なのかもしれない…それはもはや割引なのだろうか?笑)。料金は同じ無資格でも、経験者か未経験者かで違いがあるようでした。
  • 私の通っていた教室では、未経験・無資格の場合、通学12日くらい(スクーリング授業6日+医療的ケア演習2日+初任者研修分4日)。通学日数は同じ無資格でも、経験者か未経験者かで違いがあるようでした。
  • 無資格の場合、通信課題(自宅学習)は、19科目+医療的ケア事前学習、が必要。
  • 無資格の場合、450時間の学習が必要。

 

f:id:ponkotsu-eringi:20211024163206j:plain

朝散歩(ほぼ昼)にて1枚

 

私が感じた、資格を取得するメリット

どちらかというと未経験者よりも、経験者・現職の方にとってのメリットの方が大きいと感じました。

  • 実務経験ルートで国家資格・介護福祉士を受験する場合、実務者研修を修了することが要件(このルートでは実務経験が必要、従業期間3年以上かつ従業日数540日以上)
  • サービス提供責任者になれる。
  • 訪問介護ができる(初任者研修以上の資格が必要)。
  • 会社によっては、資格手当などでお給料がアップする。
  • 先生やクラスメイトから、介護現場のリアルな話を聞くことができた。
  • (選ぶコースによっては)働きながら無理なく通えて資格がとれる。
  • 医療的ケアを学べる(ただし、実際に行うにはさらなる研修や申請認定が必要。なので実務者研修を修了しても、すぐに医療的ケアはできない)
  • 何事も、なぜなのか?理由や根拠を考える大切さを学んだ。様々なことを結び付けて考える大切さも学んだ。
  • こちらでもお友達ができた!グループワークなので、クラスメイトと色々なお話ができた!(もちろん授業中は真剣だけど)休み時間には色々な話ができた。
  • クラスメイトに現職・経験者が多いため、未経験者は逆に(?)素人目線で、フラットに物事を見ることができる。考え過ぎずにそのまま吸収できる、というかわからないがゆえ何も考えずに、ですね…(^^;)

 

私が感じた、資格を取得する際のデメリット

メリットが大きいので、あえて言えばって感じです。

  • 無資格で受講する場合は6か月以上、有資格で受講する場合は1か月以上は在籍しないといけない(修了できない)ため、国家資格・介護福祉士をいつ受験するかによっては注意が必要。私は実務経験が無く、試験を受けようがなかったのですが…スタッフさんにしきりに心配されました(^^;)。ご心配な方は教室のスタッフさんにご相談してみてください。
  • 当たり前だがお金がかかる。教室によって価格は様々。割引のある教室もあるので、事前にお得情報を調べ比べておくことがおすすめ。
  • 曜日固定のコースが多いと思うので、休みが取れないと受講が難しい。
  • 自分が選んだこととはいえ、休みが潰れるのは辛い。
  • クラスメイトに現職・経験者が多いので、未経験者は一歩間違えれば(?)国家資格等の話題についていけず、孤独感を味わうかもしれない。
  • いきなりグループワーク、介護計画など専門的内容に入っていったので…もし未経験・無資格で受講する場合は、先に初任者研修分の学習・通信課題での自宅学習をしておかないとついていけないかもと感じた。
  • 教室や先生によって授業の流れやカリキュラムは多少違うと思うが、私の通っていた教室の場合は、わからない言葉は(事前に、もしくはその場で)自分で調べるスタイルだった。そして自分が介護職である体でグループワークが進んでいくので、病気や後遺症等様々な考慮をする必要がある。そのため、先に多少知識を入れておいた方が楽だと感じた。

 

現在進行形ですが、感想

とりあえずスクーリング授業を終えての感想。ほぼずっとグループワークと聞いていて、ドキドキでしたが…結果的に楽しかったです。

とはいえ内容が初任者研修に比べより深く専門的だったので、実際に仕事を始めてから受けても良かったかも?と感じました。とはいえ、仕事が始まると時間も体力もなくなるし、先に受けといて良かったかも?とも感じています。微妙なところです。

今回の実務者研修は9割以上現職・経験者でした。スキルアップを目指す方、国家資格・介護福祉士を受験予定の方ばかりで、みんな前向きにイキイキ勉強されていました。

今回ほぼ9割以上が社会人で、初任者研修の時よりもさらに年齢層高めでした。

私のように初任者研修→(時間が空いて)実務者研修を受けた人もいましたし、いきなり実務者研修を受けた人もいました。

 

実務者研修の受け時って?

将来、ホームヘルパーをやりたい。今の仕事の状況次第で、来年になるか、再来年になるか、もっと先かもしれませんが。できたら今の仕事の空き時間にやりたい。施設介護ではそういった働き方は難しいと思うけれど…訪問介護なら、もし曜日や時間などの希望条件が合えば働けるのではないかと考えています。

↑そのような夢があり、ちょうど時間とお金に余裕ができたから実務者研修、やれるうちにやろう、受講するなら今だ!と事前説明会に申込みました。説明を聞いて実務者研修の内容に納得して受講しています。

私は同時進行が苦手で、体力にも自信がないため、忙しすぎるのは避けたいところ。なので今受けて良かったかもしれません。しかし将来介護の仕事ができるかどうか、実際にやってみたとして続くかどうかは自信がありません。

もしかしたら…あくまでも私の考えですが、介護の仕事を実際にやってみて、できそう、続けられそう、国家資格介護福祉士を目指そう、と思えた時点で受講するのが理想的だったかもしれません。

 

未来のことはわからない

けれど、未来のことは分からないですね。

あの時やっておいて良かったなのか、それとも受けなくても良かったなのか?仕事に繋がるのか、仕事をしてみたら向かなかったなのか、仕事ができずに終わるのか、仕事には役立たなくても人生には役立ったなのか?どれもこれもやってみたら終わってみたらの結果論になるのではないかな、と思います。

私自身、色々な時期を経て…沢山考えても強い思いがあっても本気でやっても、うまくいかない事もあると実感しました。なので今は、できる範囲でとりあえずやってみる、続けてみる。でもだめだったらしょうがない、やめようのスタンスです(詳しくは自分がポンコツと認めたら楽になった話に書いてみました)。

とはいえ今の時点で、新たな知識と出会いがあったこと、それはとても嬉しいことでした。そして仕事以外で、自分の家族や自分の生活にも活かせる知識なので、受講して良かったと思います。

まだ修了していないので…がんばらねば!

 

 

↓こちらの記事もよろしくお願いします

ponkotsu-eringi.hatenablog.com